Rugby Database

2019年有力高校生の進路状況まとめ

22年ぶりに大学選手権優勝を果たした明治大学には、有望な選手が多数入部した。陣容は大学屈指である。
その中でも特に注目されるのは、石田吉平(常翔学園高校)。小柄な体格ながら、速さ強さステップワークの旨さで、セブンズでは特に際立った活躍をしている。今年3月には、セブンズの日本代表においても世界の舞台を経験している。常翔学園時代は主にNo.8を務めていたが、大学ではどのポジションがベストなのかがまずは注目される。

FWでは、初のベスト4を果たした流経大柏のキャプテン葛西拓斗、桐蔭学園の世代No1フッカーの紀伊遼平。190cmを超える長身LOの吉沢拓海(熊谷工業)と昨年二年生で高校日本代表に選出された武内慎(石見智翠館)。3列目では、楢崎海人(筑紫)や古庄竜也(中部大春日丘)などを筆頭に各ポジションで好選手が集まった。
BKでは、1年から報徳学園で正スクラムハーフを務める丸尾祐資原口虎太郎(東福岡)などが入部する。

明治に負けず劣らず帝京大学にも、今年も数多くの有力選手が入部した。
注目すべきは、バックスの中央。花園で初優勝を果たした大阪桐蔭の主力である、松山千大高本幹也の両CTB。(高本は高3春まで務めていたSO)。そして、昨年も高校日本代表に選出された世代No.1センターの李承信(大阪朝鮮)。大阪の全国トップSO/CTBが帝京に集まった。
昨年まで4年間、小畑健太郎(現神戸製鋼)が務めていたスクラムハーフには、1年から花園を経験している片岡祐二(京都成章)と前田翔哉(常翔学園)の二人に、岡本泰斉(中部大春日丘)、谷中樹平(御所)とSHのそうそうたるメンバーが集まった。(谷中は御所時代はCTBだが、SHのようだ)

それ以外のバックスでは、セブンズの年代別代表の常連で、京都成章のエース二村莞司(京都成章)が特に注目される。
FWでは、長崎北陽台のキャプテンで絶対的中心であったNo.8の山添圭祐(長崎北陽台)や東福岡のキャプテンでHOの福井翔(東福岡)らが入部。留学生はFW選手が2名入部する。

高校日本代表の進路の人数では、帝京が6人、明治が5人。高校日本代表候補の進路の人数では、明治が14人、帝京が13人と両校が突出した人数となっている。

大学選手権で帝京大学を破った天理大学。フラット攻撃と堅い守備で花園を湧かせた付属の天理高校からは、山村勝悟照井悠一郎津野来真らが加入。天理高以外からは、堀田恒司(東海大仰星)やナイバルワガセタレキタワケ(秋田工業)といった名が目につくが、全国的に知られている選手は少ない。留学生はBK1人が入部する。

大学選手権ベスト4の早稲田大学には、BKのトップ選手が集まった。世代No.1スクラムハーフの小西泰聖(桐蔭学園)は、高校の先輩の齋藤直人がいる早稲田大学へ進学。東福岡で1年から花園に出場しているSOの吉村紘、國學院久我山の中心選手の槇瑛人、関東学院六浦の松下怜央というそうそうたるメンバーが加入。花園に出場した付属高校からの選手では、小泉怜史相良昌彦らが特に注目される。BK陣は大学屈指である。

慶應義塾大学は、付属高校からに加えて、桐蔭学園準優勝メンバーの今野勇久佐々木隼の二人に、高校日本代表の中楠一期(國學院久我山)、高武俊輔(尾道)といった実力者が入部。

リーグ戦に進学した注目選手としては、大東文化大学には御所実業の青木拓己流通経済大学には、花園ベスト4の原動力となった付属の流経大柏高校から星野竜輝永山大地土居大吾らが入部。札幌山の手のシンクル寛造も流通経済大学に進学する。佐賀工業の水間夢翔日本大学へ。超高校級のキック技術で花園を湧かせた桐蔭学園の津田貫汰中央大学、東福岡の正スクラムハーフで高校日本代表の友池瞭汰専修大学へと進む。

天理以外の関西勢では、京都産業大学近畿大学の充実ぶりが目につく。京都産業大学には、この世代屈指の実力者で高校日本代表の福西隼杜(報徳学園)とアサエリ・ラウシ(日本航空石川)に加えて、花園優勝の大阪桐蔭のNo.8堤田京太郎が揃う三列目は全国トップクラスの陣容である。
近畿大学は高校日本代表候補の進学先としては、明治・帝京に次ぐ人数。中部大春日丘のPR池田真人、高校日本代表のLO甲斐登生(石見智翠館)、報徳学園の司令塔の森元翔紀、大阪桐蔭優勝メンバーの三島琳久らが入部する。
同志社大学には、常翔学園キャプテンの梁本旺義、東福岡の小島雅登、茗溪学園の大森広太郎らが入部。付属高校からでは、笠原浩史(同志社)が注目。