Rugby Database

2019年有力大学生の進路状況まとめ

この世代で真っ先に名前があがるのは、竹山晃暉(帝京大学)だろうか。御所実業時代に出場した花園で圧倒的なインパクトを残し、帝京大学に進学後も一年生からレギュラーを務めトライを量産した。ここ二年は、プレスキッカーを任せれキック力でも注目を集めている。パナソニックへ加入する。

大学ラグビーを席巻してきた数多くの留学生選手がいるのもこの世代である。まずは、目黒学院時代から注目を集め、東海大学で主力を務めたアタアタ・モエアキオラテビタ・タタフ。アタアタ・モエアキオラはスーパーラグビーのチーフスに加入してすでに結果を残している。トップリーグでは、神戸製鋼でプレーをする。デビタタタフは、サントリーへと加入。
大東文化大学のファカタヴァツインズタラウ・ファカタヴァアマト・ファカタヴァは共にリコーへと進み、トップリーグでも二人揃ってプレーすることになる。
日本航空石川から天理大学に進んだファウルア・マキシは現在の関西を席巻する天理大学の主力の一人で、クボタでプレーする。前述の選出に比べるとインパクトは薄いが、堅実なプレーで結果を残してきた帝京大学のブロディ・マクカランは神戸製鋼でプレーする。

以下は各校の主力選手の動向である。

22年ぶりに大学一になった明治大学。チームをまとめたキャプテンの福田健太はトヨタ自動車、1年から明治の一列目を務める祝原涼介サントリー、3列目の中心井上遼神戸製鋼、大学選手権決勝で見せたトライが印象的なウイングの高橋汰地はトヨタ自動車へ加入する。

帝京大学の10連覇を阻止した天理大学。大学選手権決勝では、魂のトライでチームを引っ張った島根一磨はパナソニックへ進む。由良祥一とエーストライゲッターの久保直人豊田自動織機に。センターの池永玄太郎は神戸製鋼に加入する。

大学日本一が途切れた帝京大学からは、キャプテンの秋山大地はトヨタ自動車。秋山のLOの相方の今村陽良は神戸製鋼。京都成章出身の1列目。岡本慎太郎ヤマハ呉季依典Honda淺岡俊亮トヨタ自動車に。1年からレギュラーの世代No.1スクラムハーフの小畑健太郎神戸製鋼へそれぞれ進む。

慶應義塾大学は、付属高校が桐蔭学園を破って花園に出場した世代が該当する。1年からレギュラーとして活躍するロックの辻雄康サントリー。2年生から再びラグビーに戻ってきた、ランが魅力のフルバック丹治辰碩パナソニックへ進む。チームの柱でキャプテンの大学No.1スタンドオフの古田京は、医学部生のためラグビーの第一線からは退く。
筑波大学の前田土芽NTTコムに進む。

リーグ戦優勝の東海大学。リーグ戦トライ王のフッカー加藤竜聖トヨタ自動車に加入。
リーグ戦2位の大東文化大学。大学No.1のフロントローからは、古畑翔パナソニック平田快笙東芝に加入する。(3番の藤井大喜は現4年)。フランカーの湯川純平リコー
法政大学の金井大雪NEC土山勇樹ヤマハに加入する。

天理大学以外の関西勢の有力選手の動向を紹介する。この世代の花園チャンピオン東福岡高校のキャプテンで、立命館でもキャプテンを務めた古川聖人トヨタ自動車へ。
京都産業大学のエーストライゲッターの濱田将暉東芝。同志社大学はの安田卓平NTTコムに加入する。