2021年関東の有力高校生の進路

21年 / 20年 /

茨城県

全国屈指のPRである亀山は、大きな体格で激しいコンタクトが持ち味。期待のPRとして早稲田に進む。
バックスの攻守の要であった川尻は中央へ。

栃木県

佐藤,山崎は、180センチ超の両ロック。ペレトレーターとして世代屈指の三列目である吉田爽真は明治へ。
細矢は、高い運動能力でテンポの出せるスクラムハーフ。青柳は俊足のウイング。

群馬県

明和の内山は、大きな体格ながら器用なフロップ。

千葉県

有力選手の流通経済大学への進学は少数となった。

2mを高さを持つ注目のディアンズ・ウォーナーは、多くの選択肢の中からトップリーグの東芝でプレーすることを選んだ。
當眞は接点に強いフッカー。田口はブレイクダウンに優れた選手。
タレント揃いのBK陣。ゲームコントロールに優れた山下は、関西の立命館に進む。横山は攻守の要で、簡単には倒れない選手。浅見はロングキックが持ち味の選手。

埼玉県

昌平の篠崎は自分で仕掛けられるスタンドオフ。
川越東の渡邉は優れたラン能力とNo.8も務めた突破力が持ち味。

東京都

目黒学院のソロモンフナキは180cm後半のロック。佐野は突破力に優れたFWの軸。
早実。守谷はゲームコントロールに優れた総合力の高い選手。スクラームハーフの清水も実力者。
玉川学園の岸は190cmの大型ロック。

神奈川県

圧倒的な強さで二連覇を達成した桐蔭学園。青木と佐藤のFWの2枚看板は、帝京・早稲田へ。BKの軸の秋濱は明治。主要選手は、関東大学対抗戦の各チームへ進む選手が大半で、高校のチームメイトが大学ではライバル同士になる。

東海大相模は、東海大に進む選手が大半であったが、今年は他大学の進学も目立つ。
川瀬は188cmの大型ロック。丹治は180cmの身長で、突破力に優れたナンバーエイト。樋川は小柄だがら足腰が強い決定力に優れたウイング。吉田はハードタックラー。

山梨県

高校Pos名前進路
日川高校NO8大西ひろと専修大学

21年 / 20年 /